Go To Fly

sunbrain fan blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : 

ビートシリーズの回数

明けましておめでとうございます。
1/3 水曜日。あと数十分で2007年最初のsunbradioが始まります。
2006年最後の第65回(12/27)放送分のアップは、結局66回放送前までにできませんでした。この遅れ、果たして取り戻せるのだろうかと少々心配だったりします。
65回分は、一応半分くらいまで終わっているのですが、ちょっと今どうしても気になったことがあるので、書かせてください。
また細かい話です。すみません。

65回の解音新書は、南さんのビートシリーズを振り返るという内容でした。
そこで、まとめ作業をやりながらこれまで「傾いたかかと」でまとめてきたものと照らし合わせながら私も振り返ったのですが、改めてビートシリーズの回数の定義がわからなくなってしまいました。
前々から曖昧極まりなかった『ビートシリーズ』の回数。というかですね、私がまとめを始めた当初、確か『ビート講座』というタイトルだったハズなんです。既にそこらへんからして曖昧だったりするのですが(笑)、私は一応『ビートシリーズ』と括られたものにだけ番号を振ってきたつもりだったのです。
でも改めて振り返ってみると、46回の盆おどりや52回のスポーツの音等もビートシリーズなのではという疑問が……どうなんでしょう? 南さん。
私、いつだったか偉そうに『ビートシリーズ、傾いたかかと調べでは○○回です!!』って書いたことがあったけど、あれは大間違いだったような気がします。
ああぁ、大見得きっちゃってすみませんでした。
気になって、よっぽど番組宛に質問メール送ろうかとも思ったんだけど、私が勝手にやってることに対して質問送るのもね…まぁ取り上げられもしないでしょうけど。
もう今年から回数つけるのやめようかしら。
そうしたらますますわからなくなっちゃうかなぁ。

今年もこんな感じの私ですが、どうか宜しくお願いします。

追記
07.2.28(#74)のsunbradioで、南さんが正式なビートシリーズを発表してくれました。
数えて調べてくれたようです。
『前々から曖昧極まりなかったビートシリーズの回数』とか、もう書きたい放題のこんな文を、南さんが読んでくれたなどと思い上がるわけではありませんが、なんだかやっぱり気にせずにはいられません。申し訳なかったなぁ…
今年に入ってまだビートシリーズが行われなかったし、もしかしてもうやらないのかなぁとちょっと心配していたので、こうしてハッキリと回数がわかりまた再開してくれてとても嬉しい。
南さんにはお手数をかけさせてしまったけれど、本当にありがとうございます。
これからはもうバッチリカウントしてゆきますので、またわからなくなっても私が自信をもって「○○回ですよ!」って答えちゃいます!
- : trackbacks(0) : 

sunbradio #60 感想

今週はやけにテンションが高いような気がしました。
そして妙にスピード感が。
曲のオンエア時間が全体的に短かったような気がします。
気のせいかな?

先週、解音太郎に刺客が現れると予告されたとおり、今週遂に解音花子さんが登場しました! やったー!!
希望通り花子さんの登場、声も#49の時にやっていた『唄う自動販売機』と同じ声(機械で音声を変えている。TVでよく「プライバシーの為、音声を変えてあります」となっているような声です)で、とっても嬉しかったのですが、花子さんは想像以上にブッ飛んでおりました!
もう南さん、ホント可愛い!
丸谷さんの反応が楽しみでやってるとしか思えないよ(笑)
花子さんも準レギュラー的に出てくれるかな。
私的には花ちゃんはもっともっと萌えキャラでお願いしたい。
どんどん丸谷さんを引かせまくり、ドM魂を発揮してほしい! なんて☆

ノースのBBSにも書き込みしたんだけど、花子さんには女性ボーカル中心にやってほしいな。
YUKIちゃんの曲とかもね、やってくれないかな〜。

一方丸谷さんは、先日書いたように(こちら)、長崎でのお話を沢山してくれました。
やはりおばあちゃん始め、ご親戚一同会したようそうです。
そんな中、親戚の幼児と仲良くなれなかったことをいたく後悔していました。

私も子どもというか…子ども以外もなんですけど、特に小さな子と接するとき、心の底から接しられてないように思います。
異様に引いたところからもう一人の自分が見ているような感じで…
自分を客観的に見すぎてしまうんでしょうかね。
かわいいなと思って、仲良くなりたい気持ちはいっぱいなのに、ただにこにこしているくらいしかできない。
人の親になってもこんなものです。
年だけはとってるけど、いつまでも変われなくって呆れてしまう。
でも、あたり前だろうけど自分の子にはちゃんとできました。
きっと丸谷さんも、自分の子には自然に出来るだろうし、自分の子に友達とかが出来てきたら、その流れで出来るようになっていくのかも。
二人とも、優しいパパになりそう。

sunbradio #60 まとめはこちら
- : trackbacks(0) : 

わたしの家

美の巨人たち

いつもなんとなく見ている感じで、
今日もDS(もっと脳を鍛える…)をやりながらだったのですが、
ナレーションを聞いてDSの電源をあわてて切った。

今日の巨人は「カール・ラーション」だった。

カール・ラーションはスウェーデンの画家で、
あちらでは国民的な画家だそうだ。

水彩画で優しい雰囲気ながらも鮮やかで、絵に光が満ちている。
そしてとてもチャーミング。

もう15年くらい前かな? たまたま絵をみて一目ぼれした。

美の巨人たちでも取り上げられていたが、
絵のどこかに遊び心がちりばめられていたりする。
キレイな絵というだけじゃなく、そういうところがグッとくる。

CL2
絵をそのまま写すのは抵抗があるのでこんな撮り方をしましたが、
これじゃあわかりづらいかな。
上の2枚のように、絵の中の人がこちらを見ている絵がよくあるんです。
ちょっといたずらっぽい感じでね、そういうところがすごく好きなんだ。
あと彼のサインも好き。かわいい。
美の巨人たち」のHP、2/18のところで番組の内容が垣間見れ、
絵も見ることができるので、興味ある方はそちらも見てみてください。

mixiのカール・ラーションコミュ
ずっと管理人さんが不在でメンバーも6人だけでした。

番組を見終わった後、もしかしてコミュの参加者増えてるんじゃ…と、のぞいてみたら、
新しい管理人さんもいて、メンバーもかなり増えていました!
流石、美の巨人たち!!
なんだかとても嬉しいよ。
彼をとりあげてくれてありがとう。ホント素敵な番組だ。

北海道の当別町はスウェーデン王国レクサンド市と姉妹都市の為、
いろいろとスウェーデンとの交流があるんですよね。
私、昔当別に住んでいて……って、
私が住んでいたころは姉妹都市ではなかったのですが、
小さい頃からリンドグレーンの本が好きだったり、
「マイライフ アズ ア ドッグ」や、音楽や、
気付けば心に残っているものにメイドインスウェーデンが多く、
なんとなく親近感があります。
厳しい冬とか、北海道に似ているところも好きなのかも。

遠い憧れの場所です。

今日の番組にはでてこなかった気がするのですが、
カール・ラーションは「ニルスのふしぎな旅」の原作者
セルマ・ラーゲルレーヴの肖像画を描いたりもしたそうです。

家 HPの日記にもラーションのことをちらっと書きました。→こちら
3冊の画集(わたしの家、わたしの村、わたしの家族)の表紙画像ものせています。
- : - : 
<<  2/2P